つくばキッズクリニック ホームページメニューのアイコン

クリニックブログ

HOME > クリニックブログ トップ > AIによる骨年齢の解析システムを導入しています

AIによる骨年齢の解析システムを導入しています

こどもの内分泌関連の病気として、主に「低身長」と、思春期が来るタイミングが早い「思春期早発症」を診療しています。

この2つの病気は、血液検査で「成長ホルモン」や「性ホルモン」を測定して評価するのですが、もうひとつ大事な検査に「骨年齢」の評価があります。

「骨年齢」とは、左手のひらのレントゲン写真をとり、骨の成熟がどの程度か判定します。

これはとても重要な指標で、骨年齢の数値により背があとどのくらい伸びるか身長の予測ができますし、思春期がどの程度すすんでいるのかも分かります。

骨年齢を判定するには、見本となる骨の写真やイラストがあり、患者さんの実際のレントゲンと照らし合わせて人間の目で判定する方法でした。

この方法ですと熟練者でも骨年齢の評価にバラツキが生じやすく、こまかな身長や思春期の予測がブレやすいという難点がありました。

そこで当院では、AIによる骨年齢の解析システム「Bone Xpert」を導入しております。

このシステムはデンマークに本社があり、国内では当院を含めまだ3施設しか導入されておりません。これにより簡便かつ正確に骨年齢を評価できるようになっています。

身長や思春期発来の時期についてご心配なお子さまは、当院の内分泌専門外来でご相談ください(初回の方は電話での予約が必要です)。

 

ページトップ