つくばキッズクリニック ホームページメニューのアイコン

クリニックブログ

HOME > クリニックブログ トップ > お子様の視力、目つき、見え方が気になる方へ

お子様の視力、目つき、見え方が気になる方へ

このたび、ウェルチ・アレン社製の「スポット・ビジョンスクリーナー」を導入しました。これは、まだ視力検査ができない乳幼児(生後6ヵ月~)の検査を瞬時に行うことができます。
こどもの視力が発達する時期は3~5歳がピークです。この時期に発見し治療することが重要で、できるだけ3歳以前、遅くとも5歳以前に弱視を発見することが望ましいです。5歳を過ぎると治療成績は低下し、8歳を超えると治療成績はより低下してしまいます。
これまでは乳幼児健診において小児科医が斜視の有無をチェックしたり、3歳児健診で視力チェックを行ったりしていました。しかし程度の軽い斜視は判別が困難な場合がありますし、また3歳児健診の簡易な視力チェックでは、弱視の発見を逃してしまうケースがめずらしくありませんでした。
この機器は、生後6ヶ月からの近視・遠視・乱視などの屈折異常や屈折の左右差、瞳孔不同、斜視などを瞬時に発見でき、検査前に目薬をさしたりする処置もなく、大きな機械の前に座ってレンズをのぞき込むようなこともありません。お母様に抱っこされた状態で検査が完了します。
当クリニックの乳幼児健診では積極的に使用し、お子様の目の異常の早期発見に努めます! 万一異常のあったお子様は、小児を専門とした眼科医にすみやかにご紹介いたします。
もちろん一般外来でも受け付けていますので、お子様の目について気になる方はお気軽にお声がけくださいね。

ページトップ